妊娠は体験入店の際でもリスクを伴います!避妊をしっかり行いましょう

風俗で働く以上、妊娠のリスクと常に隣り合わせ!自分の身は自分で守るように心がけましょう。 - 妊娠するリスクは体験入店にも伴う

妊娠するリスクは体験入店にも伴う

gsns
女性と男性が体を交えれば妊娠する確率があるというのは今では小学生でも知っていることです。
風俗で働くということは妊娠する確率があるということを忘れてはいませんか?

大切な自分の身体は自分でまもる

見知らぬ男性と性的なことをして、男性の精液を放出させるために風俗では様々なサービスが行われます。
それゆえ男性にコンドームをつけさせたいと思いますが、何せあいてはお客さんお金を出してくれているわけですから女性が自分で自分の身体をまもる必要があるのです。

お金の無駄では決して無い!

女性が自分で出来る避妊はピルを使う方法が一番といえますね。
身体に直接装着する避妊具もありますが、これでは目立ちすぎてしまって男性客からいやがれてしまいます。
ピルは婦人科でしかもらうことが出来ない薬で、飲み方も面倒ですがお金や時間の無駄では決してありませんよ。

体験入店の時にも気をつける

意外と忘れやすいのが体験入店です。
この時にも男性の相手をしますから必ず避妊の準備はしてください。
「1回限りだから妊娠はしない」という保障は世の中どこを探したって存在しません。
男性と性的なことをする以上、妊娠する虞があるということは必ず記憶に刻んでおいてくださいね。

自分で出来ることは何でもしよう

望まない妊娠は誰も喜ぶことはありません。
中絶という言葉は簡単に聞こえますが、おなかに宿した命を殺さなければならないのです。
妊娠した女性も、中絶するために処置を行う医師も、今まであなたを育て上げてくれたご両親も喜ばないのです。
風俗で働くことは決して悪いことではありません。
しかし自分の身体を害してまでも、お金を得る必要は有るのでしょうか。
避妊は必要経費と思ってきちんと支出しましょう。
風俗で働いているとたくさんのお給料が入ってきます。
たくさんのお給料が入ってくるということはそれなりの税金を納めなければならないということです。
普通の仕事をしているのならば気にならない税金ですが、風俗の仕事をしているとどうしても税金にまつわるいろいろな知識を得なければなりません。

税金の申告はお店がしてくれるのではないの?

風俗のお店に正社員として入社しているのであるならば、自分で税金を納める必要は有りません。
ちゃんとお店が源泉徴収して国に納付してくれますからとりたてて税金を気にしなくて良いのです。
一番問題になるのは「体験入店」や「アルバイト」で風俗のお店に入ったときに支払われるお給料に問題があります。

申告しなくてよいはウソ!

体験入店で受け取った給料は一回とか二回程度くらいでしかもらいませんから金額としては少ないものです。
しかし他の所得、例えば普通のアルバイトなどでもらったお金を足し合わせますとそれなりの金額になることが十分に考えられます。
きちんと申告して納税しなければ脱税になってしまいます。

還付も考えられる

風俗店の中には体験入店した人のお給料の中から10パーセント程度を源泉徴収として差し引いているところがあります。
契約の結び方によってこのようなことが起こるのですが、こうした場合きちんと申告しなければもしも税金が発生しなかった場合差し引かれた税金分を丸損してしまいます。
必ず申告を行い、還付の有無を確かめましょう。

年に一度の申告だ

税金を申告するのは確定申告と呼ばれます。
例年2月から3月にかけて全国各地で行われていますから、体験入店をしたという人は時間を作って出かけておきましょう。
体験入店受付中
■体験入店が出来る風俗求人なら【高収入ドットコム】稼げる体入速報はコチラ!
■http://www.kosyunyu.com/tainyu/

新着情報

◆2015/12/17
三十路の女性が風俗で仕事をする経済的理由の情報を更新しました。
◆2015/12/17
人気の3つのヘルス風俗の働く場所の違いの情報を更新しました。
◆2015/12/17
人気の風俗ヘルスの選び方の秘訣:働く場所編の情報を更新しました。
◆2015/12/17
人気の風俗ヘルスの選び方の秘訣:営業時間編の情報を更新しました。
◆2015/12/17
人気の風俗ヘルスの選び方の秘訣:接客時間編の情報を更新しました。